探偵の相談室【今なら電話による無料相談実施中】

あなたに最適な探偵を無料で紹介。お手持ちの浮気の証拠診断や浮気調査の相場など、無料でご相談頂けます。

メインイメージ

浮気現場の証拠写真

浮気が発覚したとしても、あなたの配偶者が素直に浮気を認めるとは限りません。

相手にとって浮気の事実を認めるということは、慰謝料や離婚の協議、調停、裁判において、自ら不利な立場になることを意味するからです。

そのため、相手は、家庭を壊したくない、浮気相手に迷惑をかけたくない、慰謝料請求されたくないなど様々な思惑の下、全力であなたの追及を逃れようとするでしょう。

したがって、「浮気を推認させる」まで至らない中途半端な証拠を集めて追及したとしても、言い訳したり、話を誤魔化して、その証拠を否定しようとしてきます。

例えば、配偶者から浮気相手へ浮気を示唆するようなメールをしたと主張しても、その内容によっては、「単なる冗談だ」「それは浮気ではなく別の話をしていただけだ」などと言い訳するかもしれません。

車や部屋の中に、浮気相手のものと思われる髪の毛があったとしても、「満員電車で密着した際に付いてしまったんだろう」「友人が来た時のものだ」とごまかしてしまうかもしれません。

浮気相手とのキスシーンの写真を撮っても、写り方によっては「目のごみをとっただけだ」「飲みの最中に一方的にやられただけだ」「顔が近づいただけでキスはしていない」など浮気ではないことを主張してくるでしょう。

そして、このような証拠を持っていることが配偶者に知られることで、逆に、その証拠に合わせて友人同士で口裏合わせをしたり、浮気をしている時間のアリバイ作りなどしてしまう可能性もあります。

そこで、浮気をしたということが明白に証明できる決定的な証拠を得る必要があります。

例えば、浮気相手と一緒にラブホテルに入る瞬間の写真や、浮気相手と性行為に及んでいる写真などがあれば、決定的な浮気の証拠といえます。

さらに、このような直接的に浮気を示す証拠でなくとも、上で述べたような「浮気を推認させる」、単独では弱い証拠を、その内容に矛盾なく積み重ねて集めることができれば、全体として決定的な証拠となる場合があります。

このように、配偶者の浮気が発覚した場合には、あなたは決定的な浮気の証拠を押さえ、相手がどうあがいても浮気を追及できるように、準備していく必要があるのです。