探偵の相談室【今なら電話による無料相談実施中】

あなたに最適な探偵を無料で紹介。お手持ちの浮気の証拠診断や浮気調査の相場など、無料でご相談頂けます。

メインイメージ

浮気の証拠はどこまで必要?

もし配偶者の浮気が発覚した場合、あなたはそれによって被った精神的苦痛について、配偶者やその浮気相手に慰謝料を請求することができます。

しかし、訴訟の現場では、「肉体関係」があったことを証明できなければ、慰謝料請求が認められません。

そのため、「肉体関係」を証明するための客観的な証拠が必要となるのですが、通常浮気はこっそりと行われる以上、現場写真のような決定的な証拠を得ることはなかなか難しいのが実情です。

そこで、「肉体関係があったことが推認できる状況証拠」が重要となるのですが、その際、メールやSNS、録音を証拠として用いることが有効となってきます。

例えば、配偶者と浮気相手の間に「ラブホテルへ行こう」「昨日のHは気持ちよかった」などのメールのやりとりがあれば、肉体関係があったことが推認できます。

また、最近ではフェイスブック、ツイッター、ラインなどのSNSや出会い系サイトを利用した浮気もありますので、そこから、浮気の証拠が見つかる可能性もあります。

さらに、寝室や車、かばんの中にICレコーダーなどを置いておき、浮気時の音声を録音することができれば、これもまた有効な証拠となり得ます。

ただし、これらの証拠にも注意が必要です。

メールやSNSでいえば、「好きだ」「愛している」「付き合おう」といったやりとりだけでは、肉体関係があったことの直接の証拠にはなりません。

録音の場合も、それがいつ、どこで、誰とした会話なのかが不明瞭だと有効な証拠とはいえませんし、無断録音が著しく反社会的な手段でなされた場合には、そもそも証拠として認められない可能性があります。

また、これらの証拠があったとしても、結局は肉体関係を「推認」させるものであるため、決定的とは言えません。やはり、浮気現場の写真や情事の映像など、明白な証拠があるに越したことはないでしょう。

しかし、たとえ裁判上で証拠と認められないとしても、配偶者や浮気相手との直接の交渉の際には、相手方の言い分を否定する手段として有効に活用できます。

浮気を問い詰める場合、おそらく相手は誤魔化し、言い訳し、あるいは話をはぐらかしてくるでしょうが、その様な時にこれらの証拠を提示すれば、相手は言葉に詰まってしまうでしょう。

メール、SNS、録音などはいずれも証拠収集の方法としては比較的容易なものなので、浮気の疑いがあった場合には、是非これらの方法を検討してみてください。